安っぽくならない!厳かな結婚式にするための3つの演出ポイント

厳かな雰囲気が漂う会場を選ぶ

教会式や神前式・人前式など結婚式のスタイルにも色々ある現代では、あえてカジュアルな雰囲気で結婚式をしたいという人も増えていますよね。カジュアルな結婚式は親しみやすい印象ですが、ひとつ間違えると安っぽくなってしまうことも。結婚式に重厚さや厳かな雰囲気を求める場合には、それにあった会場を選ぶ必要があるでしょう。一般的に明るい屋外でおこなうガーデンウェディングは、カジュアルな印象になりがちです。そのため厳かな雰囲気を演出したい場合には、照明設備が整っている屋内や、宗教色のある会場を選ぶのがおすすめです。

非日常的な印象の音楽を流す

カジュアルな結婚式では、BGMにJ-POPや洋楽を使用することもあります。親しみやすさを演出したい場合にはポップスやロックも良いものですが、厳かな雰囲気を求める場合には避けたほうが無難です。その代わりにクラシック音楽を選ぶのが良いでしょう。ハープ奏者による生演奏を入れるのも、非日常的な雰囲気を演出できておすすめです。

きちんと司会者が進行する

多くのゲストを招待する結婚式では、たいていプロの司会者がいて式を進行している場合が多いでしょう。しかしゲストが少人数の結婚式の場合には、司会者に依頼しないこともあります。しかし、式の進行を務める司会者がいないと、全体がダラダラした印象になってしまうことも。特に新郎新婦がそれぞれ誓いの言葉を述べる人前式では、注意が必要です。メリハリが付き引き締まる効果があるので、フォーマルな印象を演出したい場合には、プロの司会者に進行してもらうのがおすすめです。

京都の結婚式場とは京都で結婚式を執り行う場所のことを指します。文化遺産が多くある京都では様々な結婚式場があります。