神社で結婚式を挙げるのってどうなの?メリット・デメリットをご紹介します

伝統ある神社婚で末長い幸せを誓い合おう

和装の流行もあり、最近では神社で挙式を行うカップルも増えてきました。神社で行う結婚式は神道に起源を置く長い伝統がある挙式スタイルで、一般的には神前式と呼ばれています。この神前式は神社に住まう神様に結婚の報告をする儀式とされ、神主のもとで執り行われます。神前式のメリットは、やはり荘厳な雰囲気がある格調高い場所で式を挙げられることです。また、式の途中で行う三献の儀や玉串拝礼といった儀式では結婚の重みを感じることができ、これからの新婚生活に向けて気を引き締めてくれることでしょう。神前式では親族杯の儀と呼ばれる儀式があり、そこでは新郎家と新婦家の参列者全員が一緒にお神酒を飲みます。この儀式によって、両家の結びつきが強くなることも神前式の大きな特徴と言えるでしょう。

注意点が必要!神社婚にはこんなデメリットがあります

様々な儀式を行うことで深く愛を誓うことができる神社婚ですが、挙式を挙げる前に知っておきたいデメリットがいくつかあります。まず、最も気を付けたいのが参列者の制限です。神前式で参列できるのは基本的に新郎新婦の親族と仲人のみとなっています。そのため、友人や関係者などの多くの人を招待して盛大に挙式を挙げたいというカップルにはオススメできません。また、新郎新婦共に和装で式を行うので、その着付けに時間がかかったり、タキシードやドレスに比べて高い費用がかかることがあります。神社婚に決める前にきちんと下調べをして、後悔のない素敵な結婚式にしましょう。

名古屋の結婚式場ならば、希望の挙式を叶えられます。規模の大きい施設もありますので、ゲストの人数が多い場合でも安心です。また、アットホームなゲストハウスで家族婚を挙げることもできます。