部屋が広く感じる?ローソファーの選び方を教えて!

座面の高さは使用する人やインテリアに合わせて選ぼう

座面の高さが低いため、室内に圧迫感を与えにくいのがローソファーの大きな特徴です。座った時に目線が低くなり部屋が広く見えるメリットもあり、ソファーを置いても室内空間を開放的に感じたい人が使うのに適しています。とは言え、ローソファーにも様々な高さがあるので、ソファーを置きたい部屋のスタイルや、使用感などを考慮して選択してください。ローソファーは、10センチから30センチ程度の高さが多く、例えば子供や小さなペットなどがいるなら15センチより低めの製品を選ぶと落下の危険性を回避できるでしょう。一方でシニアが使用する場合は、座面が低すぎると立ったり座ったりする際に足腰へ負担をかける可能性があるので、高めの座面がオススメです。

こたつもOK!和室にローソファーは置きやすい

ローソファーは洋室だけで使える家具ではありません。床の近くで過ごすイメージが強い和室に置いても違和感がない家具です。和室に置きたい人は、ローソファーの生地がモダンな質感のものや、和を感じるカラーリングのものを選択すると失敗しにくくなります。また、冬場にこたつと一緒に使用したい場合は、脚の着脱が可能なローソファーを選ぶと使用感が良いのでオススメです。こたつを使う時は座面を低くするために脚を外してフロアタイプのソファとして使用します。座椅子などと同様に足を延ばしやすく、ゆったりくつろげるのが大きいです。また、こたつを使わない時は脚をつけて高めの座面で使用すると、座りやすくなるほか掃除がしやすくなるなどのメリットもあります。

せっかく広いダイニングがあるのであればダイニングにソファを置いてみましょう。家族みんながくつろげることが出来、自然とみんなか集まり楽しい家族団欒が過ごせます。